2019年11月10日 (日)

弱風秋晴れの日曜日

昨日に引き続き、朝イチでオルトラにルーフボックス載せ。

そして田舎へ墓参りに行ってきた。参るというよりも掃除といった方が良いかも知れない、以前から気になっていた墓前の花を挿す金属器の中を洗い流したく今日はバケツやブラシなどを持参した。ねじ込み式で外れるタイプなので楽勝と思いきや、長年外してなくて固着してしまってるものもあり。それらは556を吹き付けて浸透させてきたので、次回外してみる。それ以外は外して水洗いしてスッキリした。先月教えてもらった本家の墓は冬支度で花挿しは撤収してあり、それ以外のを掃除して回って計1.5時間。それから母方の叔父を見舞い1時間。父方の本家に寄って仏壇上の祖父祖母の写真を久し振りに眺めてドン(伯父)から説教貰いながら1時間など。ファミリーから遠ざかっていたトニー(俺)が田舎へ顔を出すというのはこういう事であり、今までは半日で終わっていた墓参りは一日が必要になったが、今まで顔出さなかった分まで説教貰わなければならないのでそれはそれで良い。先祖に遡る貴重な話を聞かせてもらえたし、手土産持って行った10倍の帰り土産を沢山持たせてくれたので有り難かった。

Dsc02830

今日も良い風景。というか好天じゃないと行かないので必然の風景。
この30年40年の、心に刺さっていたトゲのようなものが、スーッと流れていくようで、気持ちがとても晴れやかだ。

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

晴れ寒風の土曜日

朝イチでオルトラにルーフバー取り付け。ボックスは明日以降。

市内西部に住む父方の叔父の所へ挨拶に行ってきた。実に約40年振り。先日の葬儀前後で少し話をしていたが、今日は午前中の2時間ほどを互いの近況含め親戚筋の事も踏み込んで教えてもらった。時に笑い時にしんみりしながら充実した時間だった。また遊びに来ると告げて帰宅。

午後イチで会社へ、修繕業者の工事下見立会い。ところが別の用事が発覚しひと汗かく作業をして1時間。何しに行ったのか分からなくなりそうだったが立場上致し方なし。
一旦帰宅してステイへ買い出し。ひと汗作業で疲れたので昼寝、のつもりが目が覚めたらもう外は暗くなっていた。

※父に対する自分の印象と周囲の印象の違いに戸惑い、そして面白い。それが何故なのか分かるような気がする。自分が知っているのは親子関係からの部分的な側面でしかなく、今ならもっと多角的に見つめる事が出来る筈で、そうなると違う性格が伺えるのだと思う。壮年と晩年では同じであろう筈もないだろう。まぁそう言ったところで、もう、それを直接確認する術はないのだけれど。今後まだ親戚筋から話を聞く機会があると思うので、父の人格を自分の中で上手く形成し直せれば良いと思う。

樽前山はすっかり白くなっていた。

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

晴れの日曜日

昨夜のM's GARDENは計8組プラス1で、自分はアミダくじで7番目だった。他の演者が3曲ほどで終わるのを疑問に思いながら自分は6曲やってスッキリ終了。ようやく以前のライブ感みたいなものが戻ってきた気がする。24時過ぎに帰宅。

今日は予報通りの晴れ風弱め。B子ちゃん出して室蘭方面へ、女房所要によりソロにて。

P1030426

いつものアングルの白鳥大橋。

P1030430

いつもとは違うアングルからも。

201911031

往路12℃、帰路10℃、白鳥大橋で8℃。陽だまりにはまだ羽虫が湧いている。日中最高気温10℃を下回らければいなくならないのだろう。単車で走る機会もどんどん少なくなっていく晩秋。

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

晴れの土曜日

昨夜は久し振りに「海辺」へ行き、来客の谷間だったので大将や女将を独占して談笑。美味い料理と美味い酒で良い気分だった。ここんとこバタバタしていたのが一旦収まり、次のバタバタまで暫し休息の意味もあり。

その後はマジックサムへ。こちらも来客の谷間、というか昨夜は街に人があまり出てなかったのかもしれない。HENさんを独占してシコタマ酔った。最後はテキーラでダウン、帰宅26時頃かな。

そんな訳で今日は午前中死亡遊戯。昼過ぎにようやく人間に戻って、夕方前にジョギングしてスッキリしてきた。

201911021

坂を2つ入れたせいかシャリバテ気味で脚が前に出なくなって後半歩きが多くなってしまったけど、まあこんなもんでしょ。風が強め気温が下がっておらず小さい羽虫(雪虫系)が湧いていて服に着いて嫌な感じだった。

今夜はM's GARDENでアコースティックライブに出てきます。その前にラグビー決勝、今夜も街は静かのかな?

| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

だいたい晴れの日曜日

午前中は家の窓の隙間を埋めるテープ貼り。古い部類に入るマンションなので内窓枠が木製、なので反りや痩せが出てきて合わせ部分に隙間がどうしても出来てしまう。冬に吹き込んでくる冷風を少しでも抑えるのが目的。

P1030425

昼はカレースイッチが入り、B子ちゃんで札幌黒岩カレーへ行く事にした。ETCカードをnicos連携からdカード連携に変更したので、それの確認の意味も込めて。往路は羽虫が沢山ヒットし閉口気味。昼の部ラストオーダーギリギリに山鼻に入店した。4輪だと停め難い駐車場は2輪だと楽勝。復路はBMWモトラッド清田に寄って目の保養をして、北広から高速に乗って帰苫した。帰り道は11℃まで下がったが防寒ジャケットだと苦も無く乗っていられるのが心強い。

明日から通常仕事モードに戻る。ゲンナリだな。

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

曇り時々雨の土曜日

忌引で4日休んだ後の、今日はどうしても外せない修繕工事が入っていたので休日出勤。事務所は一人、机の書類は予想よりも少なかったけれど6時間ミッチリ集中しても終わらなかったので諦めて帰ってきた。来週は月末週、シワ寄せが来るだろうけれど、まあイイや。

201910251

昨日もジョギングした。二日続けては初めての試み、しかし前日の事後ストレッチを怠り体を冷やしてしまったので筋肉痛が来てしまったが激痛前なので走ってみた。海沿いは風強く涙が北向きに飛んで行った。その後は鶴の湯温泉へ行ってゆっくり温まった。

さあ、ラグビー準決勝が始まった。

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

曇りの金曜日

鉄砲玉みたいに姿をくらましていたトニー(俺)が30年振りにファミリーに戻ってきた。若頭No.2(俺の父)が死んだのを知り、葬儀に出る為田舎に帰って来た訳だ。ドン(本家のおじさん)は、30年振りに顔を見せに来たトニーを暖かく迎え入れ、ファミリーメンバーからの小さな揶揄さえ許さないかのように庇った。他のおじおば達も、突然現れたトニーに驚きながらも友好的に迎え入れてくれ、葬儀はつつがなく滞りなく終わった。ドンがトニーを終始隣に座らせたのは、居場所なさげなトニーへの気配り。それにしても喪主(後妻)席の列に座らされたトニーは強烈に緊張していた。

30年振りに見る棺の中の父の顔にはもう覇気は無かったが、覚悟を決めていた筈の30年ではあったがやっぱり涙は出た。トニー独りが嗚咽を漏らしていたかもしれない。

ドンは、これからはマメに顔を出すようにと、何度も何度も説き伏せるようにトニーに言った。トニーはそれを本心と受け取り、そうすると約束をして、自分の連絡先を書いて渡した。移動した本家の墓を探し続けて30年、今回その場所をおじから聞き、行ってみると何てことはない、墓地真正面の良い場所に鎮座していた。今までこっそりと墓参りをしに来る度に探し続けて見つけられなかった本家の墓は、あっという間に見つかった。
離婚したから関係も希薄なのだろうに、母方のおじが入院しているとの情報をもたらしてくれたのはドンの妻からだった。何から何まで、今のトニーに必要な事を教えてくれたのがファミリーのメンバーからだった。もう抗う必要は無く、ファミリーに戻ろうとトニーは思った。窮屈な面は確かにあっても、それ以上に暖かいものを感じ、それで良いと思った。田舎に残っているメンバーは血縁の配偶者だけになっているのも多く、そういう末端のメンバーまでも最後まで安心して生活できるようにファミリー全体でサポートしている実態が垣間見える。それで良いと思った。

-----------------------
登場人物をイタリアマフィアに例えているけれど、今回の葬儀前後で感じた本当の事です。頭の中ではゴッドファーザーのテーマがずーっと鳴ってましたw。マフィアとの違いは血の抗争が無い事です。ただの田舎の漁師町での小さい出来事です。

P1030424

昨日の画。本家の墓辺りから見下ろした海は穏やか。

| | コメント (0)

«高層雲の木曜日