2019年1月20日 (日)

滑走10日目の日曜日

グランヒラフ、センター4スタート。

アーリーモーニングで高原側へ滑り込む件は解消されておらず、2壁を堂々と滑っているのを下から見ていた。K3乗り場へ滑り込むのも解消されておらず20人程が列を作っていたが、センター4朝イチ常連組は見当たらなかった、自重しているのか偶々だったのか。

天気は高曇り、上の方は雲が下がってきている。降雪僅かでバーンは締まっている。数年前のアーリー参戦の頃だったら3本直下って正規営業には乗らず帰るパターンではある。今日はフラットトレーニングのつもりで来て視界の悪いジャンボで低速スキー操作の練習をし6壁を直下るを繰り返し。1時間目終了間際K4の列が切れたので乗車し、脚を維持する為に登坂して藤原の沢を降りてきた。柔らかい新雪が20cm程溜まっていたがホワイトアウトで三半規管がやられそうになりながらゆっくり降りて花3ゲートからコースに戻った。

P1000579

P1000580バーンが締まっているとポジションが高くなるのは仕方がない。内脚の角付けが外脚と揃っているので合格点。ワシらのスタイルでは左右同時操作これに尽きる。

昼食は大心でラーメン。帰苫してからディーラーへ洗車伺いしたら洗車機壊れているとの事で、洗車場行って昨日の高速走行での塩を高圧洗浄で流してきた。又ドアノブ凍らなきゃいいけど。

※今日は3人の外国人から夫々別の場所で話しかけられたが、揃いも揃って日本語を話そうとしていない態度が気に入らず、英語が分からない素振りで受け流してやった。片言でも良いから日本語であいさつ位してくれれば可愛げがあるのだが、ね。日本語でしゃべってみろ、と言ってみるか。

| | コメント (0)

2019年1月19日 (土)

晴れの土曜日

昨夜飲みに出るつもりが又してもソファーで熟睡してしまい。冬の夜は寒いので出不精になっているのを差し引いても、最近このパターンが増えている気がする。歳だな。

今日は女房の通勤用冬物コートを買いに札幌へ、という口実でワシはカレーを食いに。コートはホグロフスで目星を付けておいたのがあり、着せ替えでサイズ決めて購入。誕生日祝いでもあり。その後昼時でカレーを食いに移動、そしたら…

Dsc02675何故今日なのか?これで空振り2回目だ。一瞬ショボーンとしてから気を取り直して向かった先は…

Dsc02676丁度帰り道だし、輪厚SAへ寄り道。改装してたんだねー、中も外も雰囲気が変わった。

201901191234000名物黒カレーは健在。

帰苫してそのまま美容室に寄って散髪してスッキリした。

明日は滑りに行ってこよう。
実は今日はニセコのゲートが開かないと踏んでの札幌行きだったんだけどゲートは開いたらしく晴れたのでTHE DAYだったに違いなく、で今夜は降らない、ので明日はパウダー無し(涙)。外したなー。

※先週富良野から戻ってきてからの月曜日、夫婦揃って下痢と嘔吐、ワシは熱も出て、すわインフルか!と病院行ったら陰性で、急性胃腸炎との診断。富良野で生牡蠣と和牛食ったんだよ、多分中ったんだろう、というか普段の身体なら大丈夫な食材だったのが激疲れで抵抗力が下がってたので対応できなかったと思われ。身体は大事にせにゃアカン。歳だな。

| | コメント (0)

2019年1月13日 (日)

滑走9日目の土曜日と帰路だけの日曜日

富良野、ロープウェイスタート。

水曜日と木曜日の降雪累計50cmオーバー、週末は(日本海側も)降らない。富良野しかないでしょ、という事で宿取って向かった。勝利決定、晴れればThe DAYになる!こうなっても鼻息プーにならないでいられるのも富良野の良い所(競争率が低い)。

往路高速で故障車の為途中で降ろされるハプニングで10分遅れで現着するも、いつもの2番搬器には乗車できて予定通り。ローカル達が先行者を待ってファーストラッセルをしないのも予想通り。

P1000539_2今季導入のアイテムを早速実運用、履く時の手際の悪さは慣れていくしかないけれどなかなかの効果を発揮しワシワシと進む女房の雄姿。昨シーズンのツボ足とは明らかな違いです。

狙った面はシーズン序盤にもかかわらず割れが進んでおり、ニセコ同様雪の降り方が例年とは違う様子。

P1000541ど真ん中が辛うじて繋がっているように見えるがスノーブリッジになってるかもしれない。

P1000542右を見ても割れ。

P1000543左を見ても割れ。というリスキーでスリリングな滑走となった。滑り出しは垂直、雪庇の切れ目を見つけたがそこも背丈以上の落下があり、雪庇の上からだと3m以上の落下。うちらが滑ってから後行者が雪庇を崩してブロックなだれが発生したのを2周目に目撃して更にビビった訳で。今までで一番危険を感じながら滑った面になった。

P1000548それでも勝利は約束されていた訳で、日が出なかったのが残念。

P1000545急斜で深いので流石の女房もビビり気味でいつもの切れがない。

P1000552でも最後には笑っている。

この面をクラック避けて安全サイドに逃げて計3本滑って脚がヘロって終了。北の峰側の面はゴンドラ降車からの登坂距離が短いのもあって盛況だった様子。

P1000555遅い昼食は初訪問のここ。普通に美味かったです。この後温泉(ハイランド富良野)のち投宿し、17時から祝勝会を開催。

P1000556こんな居酒屋さんや

P1000559こんな洒落たバーで飲食し。21時には宿に戻って撃沈の日でした。

P1000560今日は滑る予定にしてなかったので8時まで布団で粘り、起きてみたらピーカン。昨日が今日だったらThe DAYだったんだけれど、それは又の機会にでもとっておきます。放射冷却でマイナス20℃まで下がった界隈。

P1000567川霧が出て、写真撮る数分だけ外にいるだけでグローブした手が痛くなる寒さ。こんな日は滑る日じゃないです。

P1000574昨日の盛況振りが残る北の峰側管理区域外の斜面。こっちも割れてますな。今後の積雪推移を注視しておかなければならないです。ニセコを含め、余り深追いしない方が良いシーズンなのかもしれないです。

帰路は下道を、途中の平取温泉で午前中からひとっ風呂浴びてノンビリ帰苫。疲れが残った足で昨日の反省会名目の晩酌でもやります。

| | コメント (0)

«滑走8日目、休み10日目の日曜日