2020年2月23日 (日)

ミゾレ降ったり晴れたりの日曜日

天気は悪いのでスキーしない日曜日。
どこか出掛けるにしても、ウィルス感染を広げる手助けをするのが憂鬱で自粛。それでもマスクして、在庫少なくなってきたUCC粉コーヒーの安いのを求めて店2軒ハシゴし、帰ってきてもまだ13時過ぎ。2軒ともマスクした人達が通常人数買い物していたが、パン屋は人が居ない。街の三星も然り。手で直接持つ食べ物はダメなのかと思いきやマクドナルドのドライブスルーは激混み。何だか良く分からない人の動きだな。

こんな日は映画だね!と、prime videoでジョンウィックの1と2を見てこの時間になった。殺戮シーンが多くて閉口したが、マトリックスのオマージュ映画だと理解してからは面白く見る事が出来た。キャラクターもシナリオも、至る所にマトリックスがちりばめられていてファンは楽しめる内容。

明日は通常出勤日。憂鬱だが自粛する訳にはいかない。

| | コメント (0)

2020年2月22日 (土)

滑走12日目の土曜日

グランヒラフ、センター4スタート。
発達した低気圧が近付いてきている。先週滑ってないのでダメ元で、ダメだったら温泉⇒洞爺湖ツアーのつもりで出発。南風との競争で朝イチの1時間はどうにか滑走できたが、既にK3降り場まで雲が下がっていて風が強い。花3は搬器が来てない。コースのコンディションが良いのを知ったのがチョッカリ2本した後の3本目、6壁をターンしたらエッジが程良く噛んでイイ感じ。2壁も然り。偶にはターンしないとねw

P1030567
滑り終えて見上げると大丈夫に見えるが、あの向こうは強風と視界不良。帰り支度してる内にセンター4も止まってしまったがゴンドラは出ていたので風では無かろう、故障かな?

滑走は出来たので温泉はパスして洞爺湖へ。

P1030571
暇かと思いきや日本人客で程良く混んでいた。新型コロナ騒ぎで外国人客足が落ちている温泉宿を狙って日本人が集まっているのだろう。アジア人は数名いたみたいだが大人しく目立たないようにしていた。

P1030569
ここの昭和っぽい洋食喫茶の雰囲気が落ち着くんだよね。床傾いてるけど。
室蘭周りで帰苫、途中から雨が降り始めた。明日は強風。

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

雪が降り出した日曜日

昨夜は市バスで移動し啓北町「私の靑空」へ行ってきた。隣り合った常連さんと談笑し楽しく酔っ払い、タクシーで大町「マジックサム」へ。ヤジマさん、しゅうちゃん、カイトが来ていたが、土曜日の男サカグチさんは来なかった。テキーラで正しくダメ人間になって帰宅25時半かな?よく覚えてない。

今日午前訃報が入った。
彼とは、彼が苫小牧に来た頃から接触があったので年数は長い。mixiか何かで地元の音楽を紹介し合うコミュに入ってきたのが最初だったと思う。その後地元内外で精力的に活動を続け、プロでも通用するようなハイレベルな音楽をやっていたのが印象的だった。一方、ギターをライフルに見立てて客席に向けるなど挑発的なスタイルは自分の好みに合わず少し距離を置いていた。肝臓を患ったらしく、術後抗ガン剤治療で持ち直していた様子だったのをFacebookで見ていたんだけど、甲斐虚しく。

Katsuo君、俺より若いよね。逝くの早いよ。合掌。
P1000113
(2018年4月7日 M's GARDENにて)

| | コメント (0)

2020年2月15日 (土)

だいたい晴れの土曜日

休日出勤。2時間ほどで終了し帰宅。
暖気後の週末でどうするか天気図とライブカメラを睨んでギリギリまで粘ってみたけど断念し、雪の行動をしない土曜日になった。

Img_20200215_120728
昼ご飯は、緑町「2階でーす」へ。古くからやっている喫茶店、今まで行く機会が無かったけど先日情報誌に取り上げられていたのを見てようやく足を運んでみた。

Img_20200215_120453
Img_20200215_120507
店に入った時の匂いが、昔の喫茶店の懐かしい匂い。常連さんが支えてきたんだと思わせる壁に貼ってある沢山のコーヒーチケット。今回はパスタを食べてみた。次は水出しコーヒーと有名なピザを頼んでみようと思う。カウンター向こうの窓はアンダーパスに向かう道路面、もしかしたら夜も良い雰囲気なのかも。

こないだのスキーで左ふくらはぎの筋肉痛がまだ収まってない体たらく、天気のせいにして明日もスキーには行かず休養日にする。って事は夜は街へ繰り出すか。

| | コメント (0)

2020年2月11日 (火)

滑走11日目の火曜日

グランヒラフ、センター4スタート。
通常出勤日だったけど女房の休みに合わせて何となく年休とってみたが、粉など降ってる様子もなく。圧雪斜面でcoombaのエッジの掛かりに気を良くしてすっ飛ばした後は、ウォーターフォールゲートグルグル。今日みたいな日でもピークに行く人が沢山いるお陰で花1まで降りても混んでないのでノンビリ滑る事が出来て良い。

P1030561

50%オフのブツを着て滑る女房。
昼食は一心庵。もうバイトのおねーちゃんは居ない。

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

晴れの日曜日とスタッドレスタイヤ比較

寒い予報なので休養日にして早寝して朝寝坊を貪る。江丹別ではマイナス36℃という想像つかない気温になったらしい。苫小牧はちょっと冷え込んだ程度で済んでいるが、明日の工場はどっかこっかが凍ってそうで怖い。
昨日の登頂で警戒していたにもかかわらず左頬に凍傷寸前の赤みが残っていたので、今日は鶴の湯温泉で湯治。湯上り後は痕跡が消えたので流石温泉効果。

今冬初頭入替えた冬タイヤはイイ感じで峠道を走っている。昨日朝の美笛は見るからに滑りそうなブラックアイスバーンで、インプレッサSTIとKeiワークスをぶっちぎった後バックミラーから引き離し、追随を許さなかった。

コンチネンタルとBSの比較。

静粛性:コンチ>BS
アスファルトでの腰の強さ:コンチ>BS
雪道性能:コンチ<BS
ハンドリング:コンチ>BS

比較を見るとコンチネンタルに分があるようにも思えるけれど、スタッドレスタイヤの本分である雪道性能は圧雪も氷上もBSが上。しっとり貼り付き安定していて、不意なアクセルワークやハンドルワークにも車体が暴れ難い。これは今風な車のトラクションコントロールが優れているのも併せての評価となるだろう。新品タイヤの初期性能も昔に比べたら良くなっている感じもある。

コンチネンタルは欧州の高速道路(ドイツのアウトバーン)で真価を発揮する味付けになっていると思われ、履き潰す為に夏場もスタッドレスで過ごしていて、高速走行ではそれを忘れるほど腰の強さがあった。かといって冬場の曲がる停まるも特に不満には感じてなかったので高いだけの事はあると思う。
一方、真円率に定評があるBS。これにバランス調整が上手くいったのがプラスされると高速走行でのハンドルにシミ―現象は無く、快適にクルーズ出来る。

車重のあるクロカン4駆を2台乗り継ぎ、トラクションコントロールは自分の脚感覚で、センターデフをロックするかしないかの選択しかなかった頃からの乗用車クラスへの乗り換えで、車重が軽くなってコンピューターによるトラクションコントロールで何も考えなくても走っていられるので、とても楽になった。タイヤ外径を夏タイヤに合わせる為に1サイズアップしてタイヤ自体が重くなったせいかハンドルが重くなってキビキビ感がなくなってしまったが、悪路走破性能を向上させる為なので仕方なし。除雪の良くない美笛峠を少しでも快適に走りたい。

BSに履き替えたもう一つの理由、コンチネンタルは異物を拾う事が多くパンクしやすい印象があったから。これは単なる偶然かもしれないけれど。

総じて、北海道の雪道には日本のタイヤが落ち着く。

Img_20191116_093740_20200209173101

| | コメント (0)

2020年2月 8日 (土)

滑走10日目の土曜日

グランヒラフ、センター4スタート。

P1030547

今日は新しいウェアと古い板にて。今期PPの上下、同じ組み合わせの色が今朝のC4に並んでいてガッカリした。都合上下3着づつ別色で揃っているので他の色と組み合わせるようにして着ようと思う。coombaは12年経過。

量は降ってないけれどリセットされてる様子なのでピークへ。それにしても登る人の多い事。

P1030549

稜線から上は左からの爆風で積雪が舞い上がっていた。今期初ピーク。

P1030550

北斜方面はパスして、様子見で東尾根方面3番付近へ。湿雪が灌木の枝に付いて垂れ下がった状態で積雪に埋まりかけている途中で、これに不用意に近付くと危なかった。樹林帯はまだ積雪量が足りず地形モロ出で板を下に向けられずルートを何度も決め直しながら作業道へ。新雪は深かったけど遊ぶにはまだ足りない。下から見た感じと実態が一致しているので、暫くは登らなくても良いと思った。足腰が弱っているのも実感しているのでゲレンデで十分なのかも。

ショップに寄って、女房は先週目を付けておいて1週間悩んでいたブツを50%オフで買っていた。マスターに勧められていた老眼鏡は顔に合わず、帰苫してから100均で購入した。

昼食は、これも今季初ようよう亭へ。顔を覚えられているので、ようやく来たかと待ち構えていた様子の女将さんだった。

| | コメント (0)

«滑走9日目の日曜日