« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月29日 (水)

年度末が近い水曜日

冬山登山を部活動にする高校があるのを、今まで知りませんでした。
責任の所在を探しているようですが、そもそもその部活動を許した親にも責任の一端があると思われます。危険を認識できてなかったのだとしたら余りにも自然に対して無知です。死んだ子供がかわいそうです。

今日はこれを書きたかったのではなくて、先週壊して修理に出していたデジカメが治ったと連絡が来て嬉しくて書きました。

以上。

| | コメント (0)

2017年3月26日 (日)

休養した日曜日

疲れが溜まっている感じ。今週は喉が痛いのが続き、週中には頭痛もあった。熱は出なかったが風邪気味らしい。今朝は惰眠を貪る前提で、昨夜22時から朝9時まで寝た。やはり疲れが溜まっていた。
なので、札幌パドルクラブでの確認事項も来週以降に持ち越す事にした。ダイネーゼでグローブを物色するのも持ち越し。

facebookでミチノさんが教えてくれた遠藤ミマン展を、昼から見に行ってきた。サンガーデンに寄り道したらマンション上階のおじさんがカフェでお茶していた。一旦帰宅して風呂道具用意して鶴の湯温泉へ。ステイで買い物して帰宅。

稀勢の里がまさかの優勝で大盛り上がり。良い横綱だと思う。

| | コメント (0)

2017年3月25日 (土)

滑走17日目の土曜日

ヒラフ、花園スタート。
アサイチの駐車場は車の数が減り、路面は土が出てきた。春っぽい。今日は最後の寒気後の淡い期待を胸にザック背負い。一発目は花3ゲートから出てみたが、夜間風が強かったらしく期待ほどは積もってなかった。ジャンボオンコースを1本流す。6壁は上と下で雪質が違い、分単位で刻々と変わっている様子。そしてピークへ。外人は激減し割と静かになったのは良いが、おねーちゃんボーダー集団が何も持たず風情で藤原の沢に突っ込んで行ったり、何も持たない風情で山頂で独り佇んでるのが痛い。山頂ゲートに設置してあるビーコンチェッカーを鳴らしたのはワシらの前のボーダー集団では居なかった。ニセコなだれ情報なんてのは日本人にすら理解と賛同を得ていないのが見て取れる。それを外人に守らせようとするのに無理があると思った。

P1010698このコはこの後ワシらの到着ポイントと同じ作業道に降りてきた。何もなくて良かったがこんな事を繰り返しているといつか戻れなくなる時が来るかもしれないのに…。

ピークからは東尾根側を選択。場所によっては吹き溜まりがあるが、喜んでいると次のターンは氷で焦ったり、踏み込むと下地のガサガサに触ったり、鏡沼方面の林間はストップスノーで慌てたり、そしてオンコース下部はシャバーっと春の音がした。

P1010700日差しは強まり、薄着で滑る時期になった。

昼食は你'sでチャーハンセット。あんかけ焼きそばも美味い。

| | コメント (0)

2017年3月19日 (日)

晴れ強風の日曜日

Dsc00356ママは意外にサバサバした感じだった。もうサバサバするしかないんだろうな。
ジュテームは現在の場所に移るまで2回移転している。ここが3回目の移転先、ジョイナスパルコ1F、この場所が一番長くやっていると思われ。自分の居心地の良い店を会社の人に一切教えずにいたが、今の会社に転職してから人柄の良い人が数名居るのが分かり、その人達には自分のシマを明かしてきた。宴会で使ってもらえれば店も助かるだろうと思い、可能な範囲でやってみたつもりである。そんな事を考えながら会社の人と二人でシッポリ飲んでいるとママの娘とその息子がやって来て賑やかになり、娘の旦那も遅れて登場。常連と思しきオジサンが来店していきなりソファーで寝始めて等。面白い土曜の夜だった。

Dsc0037425年間お疲れ様でした。また何処かで会えたら一緒に飲みましょう。

日付が変わる前に店を出て、次の会社宴会二次会候補の店を下見しに二人で。そこで会社の人は先に帰り、26時頃閉店合図の押し付け会計を済ませて、一人でマジックサムへ。常連がワイワイやってるトコロに入れてもらい、酔っ払った。

Dsc00391どうやらテキーラ飲んだらしいが記憶が曖昧。そして帰りのタクシー降りた所でカメラ地面に落として壊してしまい、本日ケーズデンキに修理依頼で持って行った。データは無事だがファインダーが壊れた。ショボーン。

そして明日は通常出勤日。ショボボーン。

| | コメント (0)

2017年3月18日 (土)

晴れの土曜日

午前中休日出勤。
これで3週連続の土曜日出勤、やる事はあるがあまりコンを詰めないようにしてやっている。午後から所用でイオンへ、その後ステイで買い出しして帰宅。

スナックジュテームが今月で店を閉める事になった。1年前にその話が出た時は色んな動きがあって営業を続けられるようになったが、厳しさは収まらなかったか。時代の流れと言ってしまえばそれまで、だが長年通った居心地の良い飲み屋が無くなるのは寂しい。ママとの付き合いもかれこれ四半世紀を過ぎていた。常連が歳を取り街への足が遠のくのは仕方がない事で、若い新客を取り込まなくては生き残っていけない厳しい世界なのは容易に想像がつく。その若い世代が街に飲みに出ない時代になり、繁華街は衰退するしかないのだろう。
さて今夜はジュテームへ飲みに行って来ようと思う。会社宴会で使ってもらっていた繋がりで元幹事さんも誘った。深酒になると思われる。

| | コメント (0)

2017年3月12日 (日)

滑走16日目の日曜日

ヒラフ、花園スタート。
駐車場でH家と会う。久し振りに会った気がする。今日は出発前にGOTO家が春に帰苫するのを知り、H家にも会えて、何だか気持ちがパッと晴れやかになった日だった。天気も良かったし。
で、天気良かったのでピークに登るつもりでザック背負い、ゲレンデを数本クルーズ。先月まであれだけ目障りだった外人がめっきり減って静か。K3もK4も待ち無しで、1時間目終了間際にK4に乗り込んで今期初ピークへ。

Dsc00338登り始めたら雲が来る。

Dsc00343山頂はこんなんで焦った。ここにはまだ五月蠅い外人が沢山居る。

Dsc00344直ぐに雲は抜け日本海まで見える。イワオには気持ち良さげなラインが数本。

Dsc00345北斜も雪庇下も柔らかかった。この下の林から雪が腐り始め、ジャクソンは右から大きく迂回してトラバースラインへ。結構汗ばんだ。

ベンツのおじさんにK3で乗り合わせ、聞いてもいない平日の自慢を聞かされて閉口した。この人いったい何者なのか、年度末の年休消化と思われる休暇で1週間滑っていたらしい。デリカシーの無い人は嫌いです。もうベンツは褒めない事にする。逆に先週の富良野パウダーの自慢して逆襲してやった。

| | コメント (0)

2017年3月 5日 (日)

休日出勤の土曜日と吹雪の日曜日

昨日は休出、8時から2時間で仕事を切り上げ帰宅。生産が超忙しい状態に入っているがそういう時に自分はあまり影響を受けない…つか、ワシが張り切ると生産が滞る可能性があるので大人しくしている。

この週末は道央圏だろうと読み、前夜急遽宿を決めておいた。狙いを付けていたペンション街のとある宿は取れなかったので駅前のビジホを。んで昼に出発し道中ノンビリと桂沢湖経由して富良野入り。ナチュラクスホテルという比較的新しい宿だった。投宿してみるとビジホとシティホテルの中間的な雰囲気、部屋は広いとは言えないけれど全ての物が用意され清潔で何不自由無く過ごす事が出来た。
夜は周辺を歩き回った結果ホテル裏の焼鳥屋さんへ。昔々はもう少し繁華街っぽい感じだった筈が、もう面影もなく寂しい駅前だった。焼鳥屋さんは普通の料金で普通に美味かった。

一晩明けると車上には10cm程の新雪。山の上は20cm以上になってるだろうと期待が高まる。前回は北の峰ゾーンだったがプレミアムゾーンが亀裂で閉鎖になっているのでその向こうのゲートもクローズ。なので富良野ゾーンへ。積雪が多くてセカンドリフト運行が遅れるというアナウンスがあり、ロープウェーへ初乗り。

Dsc00333101人乗りなので中は広い。握り玉みたいなのが天井からぶら下がっていてそれに掴まるようになっているが、全然揺れなかった。今回これに2回乗車した。
下車すると、トップリフトも除雪で遅れているという。雰囲気的には20cmどころか30cm以上になっている(後で42cm新雪だと知る)。もうどこを滑ってもフカフカで柔らかく気温が低くて(マイナス10℃前後)良い条件。地元民らしきボーダーが「シーズンベストじゃね?」と喋っているのが聞こえた。ワシらにとっても今シーズン一番深いパウダーを富良野で滑った。

トップリフトの両脇オンコースを散々グルグルして後、ゲートへ。その前にきちんと登山届をパトロール室に提出してある。

Dsc00335

昨シーズンはただのロープだけだったのが、単管とクランプでゲートになっていた。レースのスタートバーのようなモノ(オレンジの横バー)が取り付けてあった。昨シーズン同様、このBゲート向こう側は手軽に滑り込めるエリア外ということで人口密度高め、急斜で深く、独特の柔らかい雪で、なまら良かった訳である。晴れて見通しが利けばAゲートから出て新プリに出る沢沿いのルートを確認したかったが基本的に吹雪、たまに靄もかかり雪面が見えにくかったので諦めた。そして滑り終えたら視界が効くセオリー通り。

Dsc00337
3時間券びっしり滑り込み腰に来た。帰りは占冠から高速で追分下車。意外と早く帰苫出来た気がする。なので洗車の為ディーラーに持ち込んで下廻りもやってもらった。

今シーズンナンバーワン!富良野サイコー!

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »