« 休み6日目の水曜日 | トップページ | 通常出勤日の土曜日 »

2018年1月 4日 (木)

滑走8日目の木曜日

鶴の湯温泉であったまってみたが女房の風邪をもらいそうになり、昨夜は19時に寝た。そのお陰か今朝は体調普通だったので滑走へ。富良野ソロ。

P1020306今日滑る斜面を見上げると割れている。こういう事前目視はクラックに落ちないためにも重要な手順である。北の峰ゴンドラから山頂パト室へ、入山届の提出。プレミアムゾーンが10時開店で、その先のゲートEもやはり10時からと確認。1本下までコースを通してから10時を待った。

P1020310昨シーズンはこの松の辺りからドロップインした。今日はその向こうの先、富良野ゾーン側に入ってみた。

P1020313さっき下から見えたクラックを踏まないように、左に林を寄せスキーヤーズレフトを行くことにする。斜度はあるが距離はこんなもんか。レフト側がやや南を向いているので踏み込むとガサガサ言っている。林に入ってコースに出るのも何の苦もなかった。

P10203192本目は昨シーズン滑った面のスキーヤーズライト。雪庇に乗らないように避けたが足元の滑り出しは垂直、タマがキュっとなった。この落下感がたまらない、やや北を向いているので柔らかくてグッド。確認滑走なのにちょっと声が出てしまった。

P1020324連絡リフト降り場から見上げるとこんな地形。真ん中ピークが富良野ゾーンと北の峰ゾーンの境目、その左右のデルタ面が今日1本づつ滑った管理区域外。斜度は同じ位だが長い距離を滑るなら右側の面、ただしそのまま滑り降りるとどうしても北の峰ゾーン側に入ってしまい、ゴンドラ乗車に太板は中に持ち込まざるをえないので顰蹙を買う。真ん中の尾根筋の疎林を上手く探せば富良野ゾーンに戻れる。こっち側はロープウェイなので余程太くて長くても問題は無い。
次回また確認事項が出来たので、降ったら行ってみる予定。

なかなか良いです富良野。ニセコのように競争しなくてもガツガツ行かなくても、昨日の今日なのに柔らかい面が残っているのは素晴らしいです。コース外を滑るのは外国人が多数で、多数って言っても見かけたのは10人に満たないし、今日見た外国人は全員がテレ板で裏側(峰の西側)に降りて行ってたので、そっち側にもあるらしいけれど踵上がらないと後が大変だという意味だと思う。彼らは林好きだしね、昨シーズンいきなり藪漕ぎしたので、そっち側には行かないでおこうと思う。

P1020335_3

P1020338_3

昼は富良野ピザ。これも確認しておきたかった事。普通に美味しくて1枚ペロッと食べてしまった。帰苫してディーラーに寄って洗車してから帰宅。疲れたけど充実してたな。

|

« 休み6日目の水曜日 | トップページ | 通常出勤日の土曜日 »

雪遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休み6日目の水曜日 | トップページ | 通常出勤日の土曜日 »