« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月30日 (日)

雨が降り始めた日曜日

地震前から必要を感じていたLEDランタン車のバッテリージャンプスターター等、地震後ポチッていたモノが手元に届いている。これらはモバイルバッテリーとしての機能もあり、情報入手・発信ツールとしてケータイやパッド(我が家はスマホを導入していない)は重要な位置付けになっているのを痛感している訳で。充電し動作確認をして問題がないかをチェック、中国製なので用心しているが以前に比べサービスは向上している。この国に日本のようなサービス心(所謂おもてなし)が行き届いたら、日本は全ての面において負けるのだろうと思う。そして日本は無くなるのだと思う。

並行して、オモチャもポチッた。ひとつは腕時計。 B子ちゃんに付けていた電波時計がダメになり、同じ物が生産中止で入手不可なので、今まで使っていた腕時計をB子ちゃん用に卸した。TISSOTはいつまでも電波+ソーラーを出さず、CASIOは安くそれに対応した。憧れのプロトレック、国外の機能時計よりもボタン感覚が分かりやすいのは日本製だからだと思う。

もうひとつはGPSロガー。きっかけはパッドの地図をナビ替わりに移動している時、山道に入ってdocomo電波が届かなくなると地図が使い物にならなくなるから。このロガーでGPS衛星を捕捉してパッドに位置情報をbluetoothで送り、表示する機能を使ってみたかった。転じて、このシステムを冬山に持ち込んでみて使い物になるかどうかを試してみるつもりでもある。

※ぼちぼちと冬の事を考え始めている。

| | コメント (0)

2018年9月29日 (土)

晴れの土曜日

木曜日、鬼頭つぐるライヴをマジックサムにて。今年も北海道ツアーが始まったアニキ。1ヶ月後の苫小牧ロックバーJAMまで、体に気を付けて周ってきてください。

今日は台風前の晴れ予報、走らない手はないので女房をケツに乗せて西へ。下道を室蘭経由、ハクチョウ大橋を渡って伊達地域へ。

P1000360伊達火力発電所。電力供給は既に賄われて節電数値目標は無くなったとはいえ、これから北海道の電力需要期に入る訳で。苫東ダメになってもこっち動かしてブラックアウトにならないように頑張ってくださいね。

P1000364洞爺湖畔に行って、目的地の望羊蹄で昼食。今日はハンバークを食べてみた、普通に美味かった。外国人観光客(ここは主に中国系が多いが)は少なく、店内で中国語を聞いたのは一つのテーブル4人グループだけだった。他は日本人で満席になっていたので、この時とばかりに外出してるんだろうなーという印象。日本人は静かでヨロシイ。

P1000363赤いBMWと、白いBMW。隣に座っていた初老男性、独りでポークチャップ食べていた。白老から来たと言っていた。金持ってるんだなー。

壮瞥経由で美笛峠抜け。

P1000367モーラップで最後の休憩。16~20℃。200km。昼飯食いに行くならこれ位の距離がイイ感じ。

| | コメント (0)

2018年9月23日 (日)

2泊で遊んで帰ってきた日曜日

金曜日昼で早退し、UP!ちゃんを車検でディーラーに預け、向かったのは旭川。追分から占冠まで高速、富良野経由にて。

Dsc02573GAIA CUATRO 11th ジャパンツアー。北海道2日目に神楽公民館「木楽輪」(読み:きらりん)にて。前回の2014年岩見沢公演以来、 4年振り。今回の会場はステージが近くて殆どカブリ付きで見る事が出来た。毎回思うけど、本当にガイアは良い。この音楽に出会えて幸せだと心から思う。例の如くCD買ってサイン貰って。

Dsc02577当然のように夜のサンロクへ繰り出すのである。イイ感じの居酒屋さんを見つけて日本酒飲んで遅くならないうちに宿へ。

土曜日は石北峠経由にて釧路へ移動。訓子府や津別など初めて立ち寄るようなルートにて、南下に従って雨になった。

Dsc02583なんと釧路にもインデアンカレー進出。昼飯我慢して(食事できる所を通過しなかったせいで)走り続けたご褒美にカレーライス。

Dsc02584宿で仮眠をとってから、釧路ナイトへ。

Dsc02586イイ感じのオイスターバーを見つけ、厚岸産牡蠣を食し、その後の目的地はガソリンアレイ。

Dsc025942015年以来、その後店舗が移転し、新しい店に行きたかったのが2年前の台風で日勝峠通行止めとなり(高速は使えたが)、道東に行くタイミングを計っていて今回になった訳で。マスターは相変わらずのテンション、元気で何よりだった。

今朝は7時過ぎに宿を出て、ひたすら高速道路で西に進み、昼前には帰苫。真っ直ぐディーラーに行ってUP!引き取り、オルトラ洗車。天気の回復を狙って早く帰ってきたのに苫小牧の頭上に黒い雲が居座り、抜けるのを待って昼寝していたら夕方になってしまった。長距離移動で疲れていたから、これで良いのか。

※明日は通常出勤日。

| | コメント (0)

2018年9月16日 (日)

曇りの日曜日

昨夜は女房方実家へ遊びに行ってきた。盆休みに行くつもりが例の謎の発熱があって断念しており、このままだと大晦日になってしまいそうだったので。先週の地震後、互いの無事を確認し合う意味もありの顔見せ。

3時間ほど飲んで良い気分のまま錦町オールドファッションへ。トマトは既に無くなっていたのでブラッディマリーは飲めなくて残念だったが、厚岸のウィスキーを味わう事が出来て良かった。北海道からまた名ウィスキーが誕生しつつあり、熟成後が楽しみな味だった。

ろれつが回らなくなってきた頃マジックサムへ移動。久し振りにペロペロになるまで飲んで25時頃帰宅した。

今日は殆ど寝て過ごした。飲みに出ると次の日が一日潰れてしまうよね。

※明日は通常出勤日。

| | コメント (0)

2018年9月15日 (土)

晴れの土曜日

地震から10日経ち、節電要請は昨日の時点で数値目標20%が無くなった。引き続き節電は必要だが、電力が賄える状態になったのだろう。ひと安心。

今朝は早起きして会社へ、地震の前の台風で倒れそうになっている木の伐採工事立会い。1本だけなので直ぐに終わって、帰宅してもまだ7時前。

気温が上がるのを待って、B子ちゃん2ケツで西へ向かった。今日の目的地は日本海。高速道路で苫小牧西から黒松内までヒトっ飛びしてみた。距離は稼げるが、このルートの高速は飽きる。日本海に出て正午前、寿都のカキ小屋に行ってみる事にしたら移転して新しい建物になっていた。

P1000355元の場所から南に2km程下った所に。前の建物はあれで風情があったが、新しいのも手作り感満載で良いと思う。牡蠣ご飯と蒸し牡蠣5個で一人2000円+ガス使用量で300円。観光客価格だなー、美味いから仕方ないか。

P1000358岬の向こう側の島に帰省している きむ に手を振ってみた。

帰り道は尻別川河口から右岸側を内陸に向かい蘭越に出て5号線経由。アポなしでniseko343に寄ってみたら不在。倶知安でガソリン満タンにして美笛経由で帰苫した。行動が速かったのと高速を使ったので15時には帰宅。走行距離310km。気温18~26℃。

これくらいの気温ならまだ300km/dayツーリングが出来るね。でもメッシュジャケットはもう寒い。

Dsc_00683年前のかき小屋画像。探していたのがようやく見つかったので再アップ。建物自体は現在まだある。

| | コメント (0)

2018年9月 9日 (日)

小雨降ったりやんだりの日曜日

朝イチ会社に行って、シャッターのブレーカー解除。帰宅し修理業者の工事を待つ。暇なので市立図書館に行って、17万分の17人展を見てきた。その足で夕食の買い出しにステイへ。昨日同様生鮮食料品や総菜類は無し、野菜の一部は入荷している。買っておいた梅干しは陳列棚から全部無くなっていた。停電復旧して食品生産は再開されてるんだろうからそんなに慌てる必要は無いと思うんだけど、買い溜めに走るのは群集心理か。ガソリンも然り。

夕方、シャッター修理終了の連絡。会社に行って動作確認。ようやく台風前の平常状態にまで戻せたか。明日の工場再稼働で不具合が出てこなければ良いが。

| | コメント (0)

2018年9月 8日 (土)

目途がついた土曜日

朝の時点ではまだ停電中の会社界隈。どうやら北電と災害時協定を結んでいるらしく、給電が後回しにされていたらしい。朝イチ出勤し、気になっていた地下カルバートの浸水状況を確認。電気が来なきゃポンプが動かないので、ただ確認しただけ。

P1000347

一旦退場し、苫東火力発電所近辺まで様子見に行ってきた。見て何か分かる訳でも無いが、復旧を頑張ってもらいたくて心の中でエールを送ってみた。

帰宅したが暇なのでVWディーラーへ洗車しに、台風で浴びた潮を流してもらった。営業さんと喋って帰宅。会社から電話が来て、通電準備に入るとの事で午後から出社。北電からの通電を待ち、各設備の入電確認作業を二人で行って、月曜日からの通常稼働を各所に連絡した。

明日は明日で台風でやられたシャッターの修理工事で出社。仕事がある内が華、暇で身体持て余すよりは良い。

| | コメント (0)

2018年9月 7日 (金)

やる事が無い金曜日

停電解除範囲は徐々に広がり、それに伴いコンビニやスーパーマーケットが営業を始めているが生鮮食品はわずかで、行っても既に売り切れ。総菜も然り。直ぐに食べる事が出来るものから無くなっているらしい。うちは米があるので梅干しでもあれば当分凌げるので慌てる事は無い。

ガソリンスタンドの長蛇は昨日と変わらず。車で過ごさなければならない人にとっては死活問題。

会社がある晴海町・一本松エリアはまだ停電。解除する時に連絡が来る事になっていて一日待っていたが、今日の通電はどうやら無いらしい。会社のケータイが鳴る度に転寝から飛び起き、出てみると工事予定の業者からの連絡3件。みんな律義に電話をくれてありがたい。

P1000340王子の煙突から煙が出てない(撮影9月6日)。高層住宅群がある大成町エリアが停電解除が早く、当日13時頃だったとの事。

P1000342国道36号線若草町、手前のENEOSに順番待ちする車列(撮影9月6日)。

P1000345地震後も夕景美しい樽前山(撮影9月6日)。

| | コメント (0)

大地震があった木曜日

停電が続いてたけど先ほど通電。
会社は明日自宅待機命令だが、行く事になると思われる。
風呂に水張ってるのだが、余震でチャップンしないか不安。
この時間からシャワーして晩酌しても良いモノかどうか。
今回の地震は活断層タイプ、経験したことが無い揺れ方だった。例えるなら、脱水中の洗濯機の上蓋に乗っている感じ。揺れ方が細かく速かった。恐ろしかった。震源に近かったのでエリアメール鳴る前に揺れた。
幸いにも苫小牧は断水せず、都市ガス供給も止まらなかったので、煮炊き可能。水さえあれば何日も持つから。でも停電は参るね。いかに電気に依存して生活してるか良く分かる。携帯ラジオが情報入手に役立った。手回し充電式のやつね。
身近にある苫東火力発電所が北海道のメインの発電所だとは。そばに行くと燃料が野積みになっていたりして結構ローテクなんだよね。
休止中の火発や水発を動かしてどうにかなるのなら、普段から余剰発電してれば良いのにね。
自宅でソーラー発電してる場合、自宅に直接給電出来る切り替えスイッチみたいなものはあるの?

日中様子を見に行った先。
豊川町
柏木町
青葉町
栄町
鉄南は36号線の糸井辺りまでは信号機稼働。桜木の跨線橋渡って鉄北に入ったら信号機は稼働しておらず。B子ちゃんで移動したので機動力はあった。
まだ余震が続いている。大きいのが来なきゃいいんだけど。

| | コメント (0)

2018年9月 2日 (日)

晴れの日曜日

B子ちゃんで富良野2ケツ。
気温上がる時間を待って8時出発。栗山から三笠に抜け、滝川から富良野を目指す。この天気を待ちかねたライダーが沢山走っている。特に今日は集団走行が多い道央圏だった。

P1000322芦別まで順調に距離を稼いだ。

P1000326本日の目的地、ふらのピッツァ工房。昨日に引き続きのグルメツアーとなった。11時半頃には既に満席で、焼き上がるまで20分ほど待った。ここのピザはチーズが良い味で安定している。

P1000333満腹後ひたすら南下。日高町で給油し富川の高速に乗る時点で14時半。この時間で影が長くなっていて秋を感じた。

P1000336苫小牧西港の掘り込み東端にて。海面はギラついて見えるが肌に感じる風は秋。

朝走り出してから沢山のライダーが走っているのが分かった時点から、何台と擦れ違うかを女房が数えていた。帰宅するまでに217台と擦れ違った(地場の父つぁんバイクは除いている)。ハイシーズンに匹敵するかそれ以上と思われる。夏場の天気が悪かったのがようやく払拭されたような良い日だった。今日走らないでいつ走る!という日だった。

走行距離310km。気温18~25℃。

| | コメント (3)

2018年9月 1日 (土)

晴れの土曜日

晴れ予報の週末、1泊で遠出も考えたが安全策で日帰り。その安全策とは、週なかの雨でトンネル内が濡れているのではなかろうかという懸念でB子ちゃんではなくオルトラにて日勝峠越え、2年前の台風災害で日勝峠が通行止めになって以来となる。往路を下道にて樹海ロードから入ったが、この道もフルに走るのは久し振り(トンネルが多いので)。

日勝峠は昨年10月末に開通しており、その後走るタイミングを狙っている内に年を越してしまっていた。山頂付近で片側交互通行になっている以外は普通に通行できたが、あったはずのトンネルが無くなっていたり、沢筋には土砂が累々と残されていたり、川沿いに倒木があったりと、爪痕は残されている。交通量は特に西向きの大型車が多く、東西を繋ぐ脈道は健在だった。

今回どうしても確認しておきたかったのが、清水町側の下り切った所の道路沿いにある「古母里」というレストランが健在かどうかだった。川のすぐそばにあったので流されて無くなってしまっていないか気掛かりだったが、普通に営業していてホッとした。2年前に行った直後の災害だったので。

今日のメインの目的はインデアンカレー。

P1000317

P1000318帯広界隈にある店舗の中で一番西にある芽室店で、初めてのインデアンカレーを味わった。ごく普通のルーで、ごく普通に美味しかった。最近ではこの「ごく普通のカレー」ってのになかなかありつけない。カレーを食べに日勝越えする価値のあるカレーだと思う。

帰路は高速道路。途中、パトカーに追いかけられて危なく捕まるところだった。計測前にブレーキを踏んでギリギリ間に合った感じ。どこに隠れていたのか、今でも全く分からない。もうダメかと思ったよ。過去には一般道路で覆面に同じように後ろに付かれてギリギリセーフだった事はあったが(アウトだった事もある)、高速では初めてで脇汗ジョージョー出た。

※追記
峠トンネル内は一部ウェットあり、夕方釧路方面で降雨ありで、2輪で遠出しなくて正解だったと言える。

| | コメント (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »