« 滑走10日目の日曜日 | トップページ | 快晴の日曜日 »

2019年1月26日 (土)

滑走11日目の土曜日

富良野、ロープウェイスタート。

週なか二日間で50cmオーバーの積雪、土曜日晴れ予報、The DAY確定のつもりで行ってみたら積雪量はガセネタを掴んでいたらしく、晴れ間はあったが快晴とはならず。ショボボーン。

P1000595昨日までのツボ足登坂跡は踏み固められ登り易かった。平日ローカルが頑張ったらしい、ご苦労さん。

P1000585クラックが稜線上まで延長しているところがあり、こないだ滑った面は今回見送って安全サイドを心掛けての滑走。

P1000586奥まった面には残っている訳で、これが富良野の良いトコロ。
この後晴れ間が来るまで少し探検することにして、Aゲートから出て新プリまでを沢筋降りてくるルートを確認しに行ってみた。

P1000589滑走面は抜けていて急斜で幅もあり、積もったら面白い事になりそうではあった。しかしこの後の沢筋ルートは苦行、踏み固められたロデオラインは脚に辛かった。そして本当に正しいルートなのかどうか不安でもあり。

P1000590そんな時にピンクテープを見つけると一安心。

P1000591最後に乗り越えるというダムもきちんと出現して安心安心。これを過ぎればゲレンデはすぐ目の前だった。あの斜面は滑りたいが、その後の距離を考えると躊躇ってしまうような魅惑のコースルートだった。

この後ロープウェイで登り返してゲート外をもう1本行って終了。

P1000604_2

P1000607_2

P1000608_2昼ご飯は安定の美味しさピザ。

P1000615テラス席正面のバードテーブルにはカワイイ小鳥が餌の奪い合いをしていた。鳥の名前は分からない。

※今回試してみる予定だった小道具はツボ足がしっかりと付いていたので使わず仕舞い。次回に持ち越しとなった。

|

« 滑走10日目の日曜日 | トップページ | 快晴の日曜日 »

雪遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 滑走10日目の日曜日 | トップページ | 快晴の日曜日 »