2019年1月13日 (日)

滑走9日目の土曜日と帰路だけの日曜日

富良野、ロープウェイスタート。

水曜日と木曜日の降雪累計50cmオーバー、週末は(日本海側も)降らない。富良野しかないでしょ、という事で宿取って向かった。勝利決定、晴れればThe DAYになる!こうなっても鼻息プーにならないでいられるのも富良野の良い所(競争率が低い)。

往路高速で故障車の為途中で降ろされるハプニングで10分遅れで現着するも、いつもの2番搬器には乗車できて予定通り。ローカル達が先行者を待ってファーストラッセルをしないのも予想通り。

P1000539_2今季導入のアイテムを早速実運用、履く時の手際の悪さは慣れていくしかないけれどなかなかの効果を発揮しワシワシと進む女房の雄姿。昨シーズンのツボ足とは明らかな違いです。

狙った面はシーズン序盤にもかかわらず割れが進んでおり、ニセコ同様雪の降り方が例年とは違う様子。

P1000541ど真ん中が辛うじて繋がっているように見えるがスノーブリッジになってるかもしれない。

P1000542右を見ても割れ。

P1000543左を見ても割れ。というリスキーでスリリングな滑走となった。滑り出しは垂直、雪庇の切れ目を見つけたがそこも背丈以上の落下があり、雪庇の上からだと3m以上の落下。うちらが滑ってから後行者が雪庇を崩してブロックなだれが発生したのを2周目に目撃して更にビビった訳で。今までで一番危険を感じながら滑った面になった。

P1000548それでも勝利は約束されていた訳で、日が出なかったのが残念。

P1000545急斜で深いので流石の女房もビビり気味でいつもの切れがない。

P1000552でも最後には笑っている。

この面をクラック避けて安全サイドに逃げて計3本滑って脚がヘロって終了。北の峰側の面はゴンドラ降車からの登坂距離が短いのもあって盛況だった様子。

P1000555遅い昼食は初訪問のここ。普通に美味かったです。この後温泉(ハイランド富良野)のち投宿し、17時から祝勝会を開催。

P1000556こんな居酒屋さんや

P1000559こんな洒落たバーで飲食し。21時には宿に戻って撃沈の日でした。

P1000560今日は滑る予定にしてなかったので8時まで布団で粘り、起きてみたらピーカン。昨日が今日だったらThe DAYだったんだけれど、それは又の機会にでもとっておきます。放射冷却でマイナス20℃まで下がった界隈。

P1000567川霧が出て、写真撮る数分だけ外にいるだけでグローブした手が痛くなる寒さ。こんな日は滑る日じゃないです。

P1000574昨日の盛況振りが残る北の峰側管理区域外の斜面。こっちも割れてますな。今後の積雪推移を注視しておかなければならないです。ニセコを含め、余り深追いしない方が良いシーズンなのかもしれないです。

帰路は下道を、途中の平取温泉で午前中からひとっ風呂浴びてノンビリ帰苫。疲れが残った足で昨日の反省会名目の晩酌でもやります。

| | コメント (0)

2019年1月 6日 (日)

滑走8日目、休み10日目の日曜日

グランヒラフ、センター4スタート。

脚が少し回復したので行ってきた。又しても視界不良だったので登頂は諦め下界で過ごす。雪温とワックスが合わなかったようで板が走らない日、朝よりも気温が下がり傾向だった。

東尾根に大きな亀裂が出来ているとの情報、そこはまだ滑ってないので場所が良く分からない。天気が良い時に下見しておかないとならない、迂闊に落ちたら自力で這い上がるのが大変との事。

3シーズン前までセンター4朝イチで良く見かけたウェアーを、何人か見かけた。女優、ポンツーン、赤黒ピーク、どれも勝手にニックネームを付けている人達、他にもいるけどここには書けないw。ウェアが変わってもシルエットと空気感で分かる。きっとうちらもニックネームで呼ばれているに違いない、何て呼ばれているのか知りたいな。

そのセンター4の朝イチ雰囲気が少し変わってきたような気がする。バカなOZが騒いでうるさくてそれに釣られてバカな日本人が並んで場を壊していたのが嫌になって花園に行っていたが、この休み中2回並んでみたがそんな感じが無くなっている。偶々かな。
行儀良く並んでくれるならセンター4スタートを復活させても良いと思う。アーリーからK3に直接並ぶズルい奴らの件は解消されているのだろうか。

昼はいちむらへ。メニューがちょっと増えて、値段がちょっと上がった。

正月休みが終わった。来週からはハイシーズン。

| | コメント (0)

2019年1月 4日 (金)

滑走7日目の金曜日

グランヒラフ、センター4スタート。

P1000537降雪無く雲が下がった朝は8時15分に並んでこの位置、しかも詰まってなくてスカスカ。K3への接続はやはりこっちの方がスムースだと確認。上は視界が悪いので抑え目ではあったけれど今季初coombaの感触を確かめながらの滑走を。チョッカリは安定している。
ウォーターフォールゲートが出来上がっていたので柔らかいのを頂いてきた。3本滑ってから高原側に戻り2壁を2本、フリコ側からドットBASEで終了。丁度2時間だった。

coombaの安定感は言うまでもないけれど、blastrackがダメとかいう前に自分の滑走レベルが下がっている事を知らされた。前後への重心移動を何もやっていないので板をたわませられていなかった。昨シーズン花園メインの緩い所ばかりを滑っていた影響が出てきているのだと思う。

昼食はようよう亭へ。新年一発目の口開け客となってしまって照れた。餃子の味は健在。

※脚の疲労が累積して取れていないので、休み中にあと1回滑れるかどうかビミョウ。

加筆修正。

| | コメント (0)

2019年1月 2日 (水)

滑走6日目の水曜日

グランヒラフ、ゴンドラスタート。
一昨日の晴れから一転して降雪で視界不良、本来のニセコになった感じ。駐車場での気温はマイナス5℃位で冷え込んだ感じは無かったが、山頂はマイナス13℃だった。
視界が悪いので無理をせずスピードも抑えめに。昨日からピークゲートが開いたらしく、ゴンドラに並んでいる時の地元民らしき日本人ボーダーの会話で様子を伺う。1時間終了間際でK4の行列が消えたのでピークへ登る事にした。今日は滑る為というよりも脚を作るための登坂。丁度良いペースのグループに先導してもらいながら息が上がらないで山頂へ到着。藤原の沢を降りて花3ゲートからゲレンデに戻った。沢は新雪が溜まっていたが視界が良くないので刻み刻みでの滑走。脇の灌木もまだ埋まってはいない。オンコースに戻り最後はゴ壁で脚を虐めて終了した。あの状況で大回りでカッ飛んで行くスキーヤー、安定感抜群、惚れ惚れする滑りは地元の上手い人なのだろう。目の保養になった。

今日まで昼食難民なので帰宅してからの昼ご飯。そして鶴の湯温泉に行ってゆっくりと汗を流した。

シーズン初めからblastrackを使っていたが今日で一旦終了。次からcoombaかwhite dotを出す。今日の条件ならトップシャベル幅広のpreacherが楽だったと思う。blastrackはトップロッカーが自分の滑り方(移動も含めた総合的な意味)にシックリこないという結論を出さざるを得ないので、シーズン初めとシーズン終わりに使う予備板的な位置付けになるのだろう。残念だが、こういう板に乗っているとスピード出せないのでヘタクソになっていくような気がする。

| | コメント (0)

2018年12月31日 (月)

滑走5日目の月曜日

グランヒラフ、ゴンドラスタート。

P1000531風穏やかで晴れ。sakuとaki.cとkenがこの先に並んでいたがゴンドラ降りた後何処に行ったのか分からなくなった。

P1000533うちらは片斜経由しゴ壁へ。新雪は薄かったが斜面が良く見えて滑り易かった。下まで休憩無しで通せたので脚は出来上がりつつあり。

P1000536調子が良かったので2時間みっちりと、最後はスーパーコースで〆た。やはりヒラフ(高原側)は滑り応えがあって楽しいな。

ようよう亭に行ったら年末年始で休み1月2日まで。大心も同じ。

※良い感じで今年ラストの滑走を終えた。年明けは2日を滑走予定にしているが雪の降り方で何処に行くかは未定。今夜は女房実家で飲んで明日は寝正月を決め込む。

本年もブログを御覧いただきましてありがとうございました。

| | コメント (2)

2018年12月29日 (土)

滑走4日目の土曜日

ルスツWest Mt.。
日本海側の風を嫌ってルスツにしてみた。リフトスタートが9時なので7時に家を出ても余裕の朝イチ(前は8時半スタートじゃなかったっけ?)。駐車場は無料のまま。West側はスノーボードの検定ガラミ以来なので本当に久し振りだった。程良く降って程良く晴れて、イゾラ側はずっと雲の中だったのでWEST側で正解だった。スーパーイーストまだオープンしてなかったし。

P1000526イゾラ・Eastはラピュタ状態で山見えず。こっち側は快晴。ここはエリートコースで、画像左手の林奥を何本か頂いた。昔は規制が厳しくて立ち入れなかったエリアが今じゃ開放、良い事ですな。

P1000524積もって晴れると、ちょっとしたTHE DAYだった訳で。競争率が低くて良いですルスツ。2時間半パウダー三昧で脚造りとポジション確認に丁度良かったです。ただ、4時間券4600円と御高めなので頻繁に通うとかは無さそうです。

※夕方会社行って戸締り最終確認。

| | コメント (0)

2018年12月23日 (日)

滑走3日目の日曜日

富良野、ロープウェイスタート。
日本海側降雪無し、富良野は今日から北の峰ゴンドラとプレミアムゾーンがオープンとの事で富良野へ。

P1000509ここにもニセコ同様なゲートインシステムが今シーズンから導入、まだ上手く運用できてないらしくチケット販売は手が遅く、システムがダメで未確認のままスルーしているところもあった。

P1000511エリア外は既に割れているトコロあり、ここは滑り出しがほぼ垂直なので割れやすい。積雪量もまだ足りないし今回ここは滑ってない。

P1000513ワシらはプレミアムゾーンさえも滑らずに、その奥のゲート外へ。今季初ザック背負った日にスキー付けて登った。稜線登坂ルートの雪は浅いがモナカで難儀(ツボ足)、気温高めだし汗ダラダラかいた。

滑走3日目で脚が出来ている訳もなく、この後の滑りはヘロヘロで人様にお見せできる状態ではなかった(女房にはしっかり見られたが)。ヒャーヒャー言いながら3時間近くを山で過ごし、強制的に脚造りをしたような日になった。

P1000515昼は麦秋へ。テラス席の雰囲気は良い。

201812231今日は2回ゲート外へ。細かくギザギザしているのが登ってる最中かビビりながら滑ってる最中。

201812232光がフラットで雪面が見え難いのもあり最高速は遅めだった。

昨日夕方niseko343へ行って焼いてもらったインナーを早速使ってみた。今までのサーモインナーとちょっと感触が違っていて面白い。感じは良いと思う。

※今日富良野で声を掛けてきたのが倶知安に住んでるという若めのスキーヤー、そして十勝に住んでるという昔バンプスに出た事がありマスターとトキさんを知ってると言う人。思わず声を掛けてくる程にニセコ臭プンプンだったらしい。参った。

| | コメント (0)

2018年12月 9日 (日)

滑走2日目の日曜日

グランヒラフ、ゴンドラスタート。
20cm程積もったようで、空気がピリピリしていた。滑る事が出来る範囲はまだ少ないからそんなにガッ付かなくても、と思うのだが、滑る範囲が少ないからこそ競争も激しいのか。昔は自分もその一員だったのを忘れていた。

一本目の6壁は未圧雪で面白かった。これ位の斜度が無いと新雪はツラいが、2本目で既にギタギタ。斜度の無い所で夫婦1回づつ転倒、視界不良でスピード出してないからダメージは少ない。そんなこんなで今日も1時間で終了。麓までのコースが一応オープンしていた。エースファミリー側が運行を開始したので初心者はそっちに流れたらしく、先週程のリフトストップは無かったのが幸いだった。

P1000508冷え冷えの日、マイナス11℃から上がらなかった。

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

初滑りの日曜日

@グランヒラフ。

P1000501初滑りはゴンドラスタート。狙っている訳でも無いのに08:10で先頭になる。昨日からジャンボコースと花園方面もオープンし、滑る事が出来る距離が長くなった。うちらはジャンボコースをメインにクルーズ。

P1000506ピステン入ってコンディションは悪くない。しかしこの先にある6壁は未圧雪、花3壁も未圧雪で初日の修行を強いられる。

P10005071時間滑って終了。2壁にはたくさんのラインが入っていたが、うちらはルールに従ってゴンドラで下山。昼食は大心ラーメン。帰苫してからディーラーへUP!を診断に持って行ってきた。

※昨日の事故直後から女房は強烈な眠気に襲われ、ワシは不整脈で夜の寝付きが悪かった。一晩経って、痛みは無いものの背骨に違和感があるので長生館に行ってこようと思う。

| | コメント (0)

2018年11月24日 (土)

晴れの土曜日

昨夜はM’sGarden行こうと思っていたのに晩酌で寝落ちしてしまい、今朝は7時まで目が覚めなかった。アスペルガー課長のせいで疲れているらしい(苦笑)。

さてグランヒラフは今日からオープン、しかしセンターコースのみ。なので滑らずにチケット買う目的で行ってきた。急ぐ必要がないので昼着にて。ゲレンデ下部までしっかりと雪に覆われ30cmオーバーの湿雪、これなら下まで滑り降りても板裏傷付かずに済んだだろう。実際に沢山のラインが麓まで付いていた(含む2壁)が、ワシらは「面が割れている」のでロープを潜るような悪い事は出来ないので大人しくしているのである。

折角なので、先日パドルクラブで購入した冬遊び道具を持って行って試してみた。

P1000496スノーシューなんだけど、これは空気で膨らませるという珍しいタイプ。small footというブランド。去年あたりからパドルクラブの店頭にあるのを見て興味を持ち、売れずにホコリかぶって安くなっていたので思い切って購入した。空気で膨らませるという事は、しぼんでいる時は小さくなるという事で持ち運びに便利が良いだろう。

P1000497装着した図。踵は固定されるタイプ。ちゃんとクランポンも付いていてグリップは良かった。

P1000498なのでそれなりの斜度でも登坂力はあるし、浮力があるのでワシワシ登って行けた。

P1000500息上がる間もなくここまでアッサリ登った。ただし今日は湿雪だったので、ハイシーズンの乾雪ではどうなるのか分からない。

この後ショップに行ってワックス後の板を引き取り、偶然トキさんが居て挨拶し。昼飯食って帰苫した。

夕方、オルトラ12ヶ月点検とリコール対応の為ディーラー入庫。引き取りは明日夕方。

※スノーシューは富良野対策として導入した。ファーストラッセルをローカル達が嫌がってる様子なので、ビジターのワシらがファースト付けるのを定例にしてみようと思っている。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧