2017年3月12日 (日)

滑走16日目の日曜日

ヒラフ、花園スタート。
駐車場でH家と会う。久し振りに会った気がする。今日は出発前にGOTO家が春に帰苫するのを知り、H家にも会えて、何だか気持ちがパッと晴れやかになった日だった。天気も良かったし。
で、天気良かったのでピークに登るつもりでザック背負い、ゲレンデを数本クルーズ。先月まであれだけ目障りだった外人がめっきり減って静か。K3もK4も待ち無しで、1時間目終了間際にK4に乗り込んで今期初ピークへ。

Dsc00338登り始めたら雲が来る。

Dsc00343山頂はこんなんで焦った。ここにはまだ五月蠅い外人が沢山居る。

Dsc00344直ぐに雲は抜け日本海まで見える。イワオには気持ち良さげなラインが数本。

Dsc00345北斜も雪庇下も柔らかかった。この下の林から雪が腐り始め、ジャクソンは右から大きく迂回してトラバースラインへ。結構汗ばんだ。

ベンツのおじさんにK3で乗り合わせ、聞いてもいない平日の自慢を聞かされて閉口した。この人いったい何者なのか、年度末の年休消化と思われる休暇で1週間滑っていたらしい。デリカシーの無い人は嫌いです。もうベンツは褒めない事にする。逆に先週の富良野パウダーの自慢して逆襲してやった。

| | コメント (0)

2017年2月26日 (日)

滑走14,15日目の土日

1泊で倶知安入り。
昨日も今日も吹雪で上部風が残りトップリフトは動かず。なので山頂ゲートも開かず。なので下界が混む。それを外してルーチンを組む。んで良い思いをする。の繰り返し。
ようやくハイシーズンの様相を呈するniseko、雪は独特のやや湿ったあの感じ。降雪量もタップリあってこの土日は大いに楽しめた。がしかし、寒気はこれで終了して春に向かうだろう。2月最終週にして今シーズン一番良かったが、これがラストパウダーになる可能性が大。それはそれで仕方がないが、一度も山頂に登らずシーズンが終わってしまうのは如何なものかと思うので、春の天気の良い日にでも登頂してみるつもり。

この週末は道央圏にも雪をもたらし、今注目している富良野もイイ感じだったらしい。今回倶知安に宿をとってなかったら富良野に行ったであろう、この読みが正しかったのは来期以降の天気の読みに生かせる良い材料になった。来月富良野に一泊で行ってみて夜のペンション街の感じを探ってこようと考えている。

昨日の昼はカリー小屋へ。温泉は真狩へ。夜は新規開拓で1軒目を探してみたがガイドブックに載っているようなトコロは全てリザーブで満杯。吹雪の中を探し当てた「焼鳥屋うしお」で晩御飯。なかなか渋くて落ち着く店だった。地元民プラス、ワシらのような居酒屋難民みたいなオヒトリサマが男女1名づつ。意外にも外国人グループも居たりして常連ぽかった。その後はmecca&smooth。前回はシャッターが下りていて心配したが、ちゃんと店やっていて良かった。前回は行く時間が早かっただけだったらしい。

昨日午前、ヒラフとビレッジ(昔の東山)の間にある完全立ち入り禁止区域、通称「春の滝」で雪崩が発生し、倶知安町在住のニュージーランド人が死んだ。20年前この場所でスノーシューツアー中の3人(この時は全員日本人)が雪崩に埋まり、うち1人が死んだ。このブログでリンクを張っているニセコなだれ情報は、この20年前の事故の後、それまでのniseko周辺での雪崩死亡事故を繰り返さない思いで作られ運営され現在に至る。春の滝をはじめとする完全立ち入り禁止区域はニセコなだれ情報でも頻繁に注意が促されている重要警戒区域で、彼らはそれにも拘らずロープを潜り侵入した結果が、死亡事故になった。ルールが作られる経緯がありルールが出来上がったにも拘らず、それを無視して同じ事故が起きた訳である。nisekoに来ている外国人をいつからか毛嫌いするようになったのは、こういうルール無視常態化が日本気質にそぐわないと感じていたからなのかもしれない。

nisekoで雪崩なんてニュースが出ると、ワシらの知り合いの中にはワシらを思い出す人が何人かいると思うけど、完全立ち入り禁止区域に入った事は無いし、ルールを無視して身勝手な行動をしたこともないし、最低ラインに合わせた規制に不満を持ちつつも、傍若無人な外国人に閉口しながらも、調子こいてる日本人にキレながらも、事故ってケガしないように注意してゲレンデ周辺でスキーを楽しんでいるだけなので心配しないでください。ワシらが事故る事があるとしたらそれはniseko周辺では無くて、富良野かも知れません。

| | コメント (0)

2016年11月 5日 (土)

シャーベットが積もった土曜日

niseko343オープニングでnisekoへ。11時着、早速いちむらで蕎麦食べてからショップへ。
今シーズン入れ替えのブーツは現物がまだ届いておらず支払いだけを済ませ、その他スキー4台分のチューンやら。
行きの道路は湿雪が積もって走りにくく、nisekoの後は八雲に移動してケンタッキーファームで夕食をと考えていたがそんな気分にならずに帰苫。帰り道の方が幾分走りやすくなっていた。
夕食を繁華街で外食しそのまま飲む案も、この天気で次週に持ち越しか。雨なら雨、雪なら雪、どっちかハッキリして欲しいな。

| | コメント (0)

2016年3月 5日 (土)

滑走23日目の土曜日

高気圧帯に広く覆われ快晴、放射冷却で冷えた朝。市内から支笏湖までの路面は超ツルツル。

P1010086今日なら沢山の人が入山してるであろう羊蹄山、美しい。

スロースタートで滑り出し08時50分頃、ジャンボコース2本滑った後はアンヌプリゲレンデ側へ。

P1010091_2いつもと違う風景にキョロキョロ。

P1010094良い画が撮れたと思っていたら紐が入ってしまい失敗。

帰路の美笛峠で対向車の跳ね石でフロントガラスにひびが入った。これはお祓いしておいた方がいいレベルになっているのかな。暫く大人しくしてようっと。

| | コメント (0)

2016年1月30日 (土)

滑ら(れ)なかった土曜日

晴天無風にほだされてnisekoへ。アーリーに並ぶも、センター4機械トラブルで運行せず。ゴンドラに並び直すのも花園側に移動するのも面倒で、09時まで様子を伺ってから帰苫した。その後09時25分に運行開始したらしい。昨日一昨日とピーククローズだったので今日は北・東どちらに滑り降りてもウハウハだったろうに。ま、こういう日もありますわね。倶知安町からの遠目ではピーク背乗り上げまでピステン入ってるように見えましたな。蟻の行列も良く見えてました。

先週末のリベンジで散髪へ。真冬なのであまり短くせず。

明日は違う方面へ向かう予定。晴れてれば良いなぁ。

| | コメント (0)

2016年1月18日 (月)

荒れ始めた月曜日

グランヒラフから回答メールがあった。
要約すると、アーリーモーニングで滑走できるのはアルペン側のみで、キング側へは滑走不可。従ってキング第3乗り場への滑走も許容されてはいないとの事。キング側に滑り込んでいる客がいるのは把握しているが、客のモラルに頼っているのが現状らしい。

メールした数時間後にはWEBに再掲してくれたのは評価するが、言ってみれば「やったもん勝ち」な訳で。

イイ歳した大人がズルい事して誰よりも早くK3に乗って誰よりも早く良い所を滑りたい。正規営業で乗ってきた人がどんな気持ちでそれを見ているのかを考える事も出来ない愚かな輩が、朝一のセンター4に沢山並んでいる。ローカルが居なくなった弊害の大きな1つだと思われる。

| | コメント (0)

2016年1月17日 (日)

滑走13日目の日曜日

スーパーコースは20cm位だろうか。先頭集団は凄いスピードで突っ込んで行ったが、ワシのモモは疲れが残りギャップに弾かれて痛みが出ている。上の廊下から振り子に抜けたが、あの廊下のヌルイ斜度はモモに追い打ちをかける。今日のアーリーも結局1本で終了し正規営業へ。
雲がどんどん抜けて行って青抜け、皆さん一斉に上を目指すので、ワシらは下へ。5壁はようやく一気に滑り切る脚が出来たが、その1本で終了してしまう。温泉沢下からセンター4に並び直すと大行列は収まっておらず。
片斜はフカフカ。K4線下もフカフカ。登坂組はフルラッセルでアリの行列になっている。それには参加せず、1時間分で終了した。今日はThe DAYだったと思われる。この1週間降り続いてはいたが、積雪量はまだ足りずハイシーズンとは言えない。灌木が埋まり切ってストレスなく下部まで滑り通せるようになるまで、慌てないで脚を造っておこうと思う。
niseko343でワゴンセールのビーニーを3個まとめ買いし、ようよう亭でギョウザ定食食って帰苫。

アーリーからK3に直接並ぶ件は、先ほど東急に質問事項としてメールを入れた。今朝の光景は画像に収めておき、人数を数えてみたら50人位並んでいた。

P1000908

今朝8時40分頃(正規営業でのセンター4降車直後)、エースヒル裏手からK3乗り場を写したもの。後で面倒になったら嫌なので個人が特定できない遠景での画像。正規営業で自分の前に何人並んでいたのか、その中で何人が振り子を滑り降りて何人がA3に乗ろうとしていたのかは、当然把握してのこの行列画像である。この行列の最後尾にいる人は正規営業の1番搬器に乗っていた人である。

| | コメント (0)

2016年1月16日 (土)

滑走12日目の土曜日

夜中降らなかったらしいnisekoは15cm位。朝一のスーパーコースは下地に当たって弾かれる。正規営業では、アーリーモーニングの最終乗車者がそのままK3に並ぶと言う暴挙を行っており既に大行列のK3。そんなのに並ぶのが嫌なので、再度スーパーコースへ。誰も滑ってないセンター4線下を皆に見られながら滑る。しかし弾かれてワヤw。
今日の一番は一本目の片斜だった。深さ柔らかさがイイ感じ、しかしゴン降りで視界が悪いし寒い日だった。一応ザック背負ったものの視界悪いのでゲート外には行かず、一回だけ日が射した時間があり、その時にピークから滑ったらさぞ良かったと思う。K4降り場からピーク乗り上げまではピステン入らずのフルラッセルは変わっていない。ラインが出来てから登ろうとしている人がK4を回していた。
花一まで降りて行き、ウォーターフォールゲートから花2乗り場横に行こうとしたら外人集団6人程が先行して行ったので諦め、A4側を行ってからジャンボコースなど、大人しくゲレンデ内だけの滑走だった。今日のようなワサワサ降ってモコモコしてる状況はpreacherよりもcoombaの方がヤル気が出てくる。

※今日は会社新年会。断りそびれて参加する事になったが、明日も滑走するので早目に帰宅予定、予定は予定。

※アーリーからK3に並ぶ件は東急にメールで可否確認をしてみる。

| | コメント (0)

2016年1月 4日 (月)

滑走9日目の月曜日

正月休み最終日。
降ってる様子皆無なので、ビレッジスタートにしてみた。往路羊蹄山南回りニセコ町から現着。ヒルトンゴンドラからトップリフトへ乗り継ぎ、メインバーンを滑り降りてゴンドラ口へは35分経過。同じ周回をもう1本繰り返して終了した。
先日のブログでトップリフト動いてないとヒラフ側に戻れないと書いたが、今日確認したところゴンドラ降車駅から少しだけ登り返したら連絡通路に辿り着くことが分かった。
スーパーステイション上部が水野の沢ゲートになっていて、今日みたいな日にもゲート前には人だかりが出来ていた。外人の趣味をとやかく言う筋合いは無いが、わざわざ難しいコンディションを滑るならそれなりのテクニックを身に付けてからの方が良いと思うのだが…。
スタッフウエアを着ている中に日本人を見つける事は出来ず、ゴンドラ待ちの列は英語か中国語、中国人は欧米人よりもウルサイな。
朝一はヒラフセンター4に比べると緩く、10分前に並んで前から30人ほどの位置。5人乗りと言う変則なゴンドラは狭く、13分というロングドライブ。一人乗りのトップリフトも同様乗車時間(距離)が長いので寒い思いをした。横に見えるA4やK3が、直ぐ傍にあるのに何だかとても遠くに見えた。

P1000905

朝一の緩い空気。手前の東洋系が中国人かと思っていたら日本人グループだった。そんな恰好してるんで間違っちまった、スマン。

| | コメント (0)

2016年1月 3日 (日)

滑走8日目の土曜日と滑走しなかった日曜日

倶知安泊の昨日は雲が下がり視界不良。テンション上がらず滑っているとジャンボコースでH家と遭遇。うちと同じ初滑りだという。
ヒラフが面白くない時用にチャージしてあるインターネットチケットでビレッジ側に行くのも、この視界じゃダメだしトップリフト動いてないと戻っても来れない。なので1時間で終了。
ヒラフ坂を散策して歩き(RHYTHMに初めて入ってみた)343号線沿いのniseko343に入っていく角にあるショップにも入ってみた。何てことは無い、THE NORTH FACEのフィールドショップだった。

時間に余裕があったので、温泉は雪秩父へ。昨年建て替えられて昔の面影皆無、こじんまりしてるが洒落た感じになっていた。館内の食堂で昼食を食べ、広間で昼寝してから倶知安へ戻り、マックスバリューで買い出ししてから駅前ビジホにチェンクインし、部屋飲み開始した。正月で居酒屋が混んでるだろうという読みは、その後飲みに出て歩いた時の確認で正解だったと知る。

メッカ&スムースへは、前回行った時に次回の宿泊日を伝えてあったので、マスターは待つともなく待っていた様子。開店の20時に店に入って新年の一番客になってみた。話が弾んでスコッチウィスキーで酔い、ビジホに戻ったら23時頃だった。

今朝は軽い二日酔いで目覚め、外は降ってる様子無く雲が下がって羊蹄山が見えないのを良い事に二度寝。目が覚めたら8時半を過ぎていて、滑るのを辞めて帰るだけにした。

今回は倶知安に飲みに出掛けてきたような感じだった。この店は(マスターが)緩く面白くて長居してしまう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧