2018年2月17日 (土)

滑走16日目の土曜日

富良野玉砕。

この週末は滑る気満々でいたのに、この低気圧の迷走ぶり。今朝の今朝まで散々悩んで富良野に行ってみたら、強風で北の峰ゴンドラと富良野ゾーントップリフト運休。ゴンドラは良いとして、富良野ゾーンのトップリフトが動かないとゲートから出るのもままならず。ロープウェイとタンデムリフトを適当に回し、ゴン振りで視界が効かなくなってきたので昼前に撤収してきた。ニセコの吹雪に慣れているのでこの程度の風でリフト止めるのが疑問に思えるけど、これが富良野基準なのだろう。北の峰側の客も富良野ゾーンに押し寄せ、トップリフトが動かないものだから外人は何食わぬ顔でロープ潜って線下を集団滑走している。それに釣られて日本人ボーダーが同じように線下を滑る。ルールに則って入山届を提出し顔とウエアをパトロールに晒しているワシらは正直なバカだよな。

ま、今日は負け。読み間違えた。こうやって失敗してデータ蓄えていくのである。

P1000046昼は富良野ピザ。たまたま半額キャンペーン中でラッキー。ここのはチーズが美味いんだなー、初の女房も気に入った様子。

P1000044新しい女房のウエア。女房が新しいのではなく、ウエアが新しい。そんなの分かってるってか?

さて明日はどうしようか。行くならヒラフ、けど風は更に強まり花1すらも危ういか。

| | コメント (0)

2017年12月16日 (土)

雪が積もった土曜日

降雪量が多かったら除雪しに会社に行くつもりでいたが10cm未満で止んだ。マンションエントランス付近の雪かきを済ませ、待機中。

明日いよいよ新板を卸す。旧板との外観比較をしてみた。

Dsc02468

coombaよりもシェイプされ、特にテールの広がりがターン後半の食い付きを期待させる。トップ形状はラウンドで安心感あり。
white dotは見た目変態だが乗ると普通の板、一番太くて長いけれどカーボンコアなので一番軽い。

Dsc02473リバースキャンバーがブームになっても頑なにナチュラルノーマルキャンバーに拘り続けた。圧雪斜面を安全に滑るためにキャンバーは重要だから。
binの位置はcoombaとほぼ同じになった。ブーツセンター推奨位置にしている。white dotは前に出てるように見えるがツインチップ系なのでテールの未接雪部分が長いだけである。

Dsc02475初めてパウダーロッカー系の板を手にした。接雪点(黄色矢印)がこんなに下がっているとさぞ新雪で滑り易いだろう。coombaが良板なのはこの位置に接雪点があるからで、アイシーな急斜面でもエッジが掛かる感触が伝わってくる板。white dotはパウダーを滑る板というよりもトラバースで威力を発揮する板だと思う。

ソールはブラック。オガサカ板のシンタードベースの良さはスノーボードで恩恵を受けた経験があるのでスピードアップは間違いないと思う。

フレックスは一番硬い。硬いが、しなやかさがある。coombaはカエリが遅めなので長時間乗っていても疲れにくい利点がある。white dotはカエリが早くて軽いのでパタパタした感触、圧雪面を乗っても楽しくはない。硬い新板をどこまで踏めるかが課題になるだろう。

| | コメント (0)

2017年6月11日 (日)

雨と晴れを繰り返す日曜日

昨日の土曜日は休日出勤。
例によって地下配管、今回はカルバート内の飲料水配管が破れて噴水になっていたのを補修。穴を見てみると溶接のスパッタが付いた部分が悪さをして穿孔状態になった様子。内側からの破損では無かったので配管全体のリプレイスはまだ先でも良さそうだ。
工事は予想通り昼前に終了し、事務仕事をちょっとだけやって帰宅。少し昼寝して、夕方前に札幌へ向け出発。

ちょっと時間があったのでICI石井スポーツへ。5年位着ていたpeakpaformanceのソフトシェル裏地がボロボロ剥離してサヨナラをしたので代替を探しに。事前に数種ピックアップをしていたが実物を見て気に入ったのがあり即決、今回はホグロフスになった。夏場でも着回せる薄手のソフトシェルは各社で手頃なモデルを沢山出すようになって選択肢が広がっていて嬉しい。

きむ家へは年に一度この時期に遊びに行くのが定例になっている。親戚の家に遊びに行く感覚に近い。今回はグラ家も来て賑やかな宴の夜だった。日本酒で酔って朝目が覚めた時はまだダメだったので水分補給して二度寝し9時頃復活。朝食を御馳走になり、土産まで持たせてもらった。いつもいつもありがとう。また来年も行きますw

復活が遅れている女房を諭して秀岳荘本店へ。

Dsc01931左の純正リングに重さを感じ、別ポールの真ん中のに付け替えてみたものの形に納得がいかず、今回右のリングを買ってみた。数種ある中で感覚で試して一番軽いのを選択、従って樹脂はペラペラで腰が無いが、滑走中は余りポールを突かないので良いだろう。問題はトラバースなどの移動時、使ってみないと分からない。

これはスキーポール(ストック)のパウダーリング。こんな物に拘りだしたら病気かもしれない。冬の準備着々と。

| | コメント (3)

2016年4月24日 (日)

滑走24日目の日曜日

実に1ヶ月半振りのスキー@nisekoヒラフ。もう行かなくてもいいかなーとか思っていたりもしたがチケットカウント余すのも勿体無いし、界隈は静かになってるだろうとの期待もあり。

往路美笛峠登る前の湖畔沿いでウグイス色の鳥がフロントガラス目がけて突っ込んできて屋根とルーフボックスの間で一度バウンドし路上を転がるのをバックミラーで確認。あの勢いだと多分絶命と思われる。ウグイス色だったのでウグイスだと思うが、なぜ突っ込んできたのか、虫でも追いかけていたのか…南無。つ訳で相変らずビビりながらの道中、神社参拝の効果があるのかどうか良く分からないオルトラなのである。

ゲレンデは今日から下部クローズ、下山にはセンター4乗車にて。だが見ると雪はギリギリ繋がってるんだけどね、ルールが年々窮屈になってるね。
バーンは締まり気味で板は走り、1.5ヶ月振りの脚は筋肉が削ぎ落ちてシーズンインと大差ない状態に成り下がっていたので無理をせずユックリ目のクルーズを楽しんだ。狙い通りの静かなゲレンデ、ようやく心穏やかに滑る事が出来て嬉しかったな。やっぱりスキーは楽しい。途中H家に会い冷やかされながら2時間目の半分で滑走終了し下山。

P1010158

ショップに寄って年末に買ったスペアレンズの清算をようやく済ませ、帰苫。
車検上がりのB子ちゃん引き取りにレッドバロンへ行って、その辺ちょろっと乗って帰宅。

P1010166

市内16℃位まで上がっていて風が生温かった。単車も勿論楽しい。

| | コメント (0)

2016年2月20日 (土)

滑走20日目の土曜日

数件理由が重なり、今日は日高国際へ。

P1010009nisekoに行くのと同じような時間に出発したもんで、往路あえて樹海ロード経由。日高町メインストリートから見るゲレンデはご覧のように、ダウンヒル系の斜面。早く着いてしまったのでこんな暇つぶしをしてみたんだけど、ヒラフのライブカメラ見ると青抜けしており、こっち来て失敗だったかも…と軽く後悔。

P1010026は杞憂。画像は急斜面をすっ飛ばす地元民と思しき見知らぬ人。気温が高めの割にフワッと雪煙が上がる面白い雪だった。全体的に雪は少なくてコースひとつはクローズしていた。なので2時間券で十分。脚を疲れさせるために脇の変なトコロを好んで滑る変態夫婦は目立っていたと思われる。

P1010035理由の一つは、ここでの昼食。振内町じゃんけんぽん昨年のリベンジであり、今日脚を疲れさせたのもここでのハンバークに見合う運動量をこなしておかなければならなかったから。次は平取和牛ステーキを食べてみようと思う。

このまま南下し富川から無料高速。復路は大型車が多く、察するに道東方面からの輸送関係は占冠で高速を降り苫小牧に向かうとしたら同じくらいの時間で済んで高速料金節約になるのでこのルートを走っているのだろう。ハイペースで良かったけど、ちょっと危ない路線になったかも。

明日は完全休養日。

| | コメント (0)

2015年12月12日 (土)

滑走2日目の土曜日

こんな日に滑りに行くのは、目的があるからで。目的が無いと、こんな日は滑りに行かない訳で。
アルペン・高原側は融雪が進み下り線はリフト乗車になってしまったので、花園スタート。その前にniseko343に寄って試乗用板を調達、試者は女房。

ゲレンデは融雪と氷結を繰り返したハードバーン。試乗に向かないのでは?は杞憂。バーンコンディションが良いと何に乗っても良く感じるので実はあまり意味が無いのでした。試乗板は希望サイズよりも長くて重いので、それを差し引いて判断するように言ったのに、長いからスピード出せるとのたまう。ならばと片斜に連れて行ったらモナカ、長さを苦痛に感じる条件にピッタリだった。ワシらはもう毎週土日滑るような事は無く、良い時だけを選んで来るので、こんなハードバーンはもう滑る事は無いだろう。足裏がシビレたよ。

ショップに戻って板とビンを清算して、ワシのリプレイスレンズを受け取って帰苫。固いバーンはモモに負担が大きくて眠気と大格闘しながらの運転だった。

| | コメント (0)

2015年1月 3日 (土)

滑走7日目の土曜日

今期初ザック。深入りするつもりなく、ちょろっと出たい時の為に。
昨日よりも新雪が無かったのでスーパーコースはやめてK3や花3を流す。一度花3ゲートから出てみたが、木の脇に大穴が開いていたりしてまだ危なっかしい感じだった。冷えてる割に雪質も良くなかったのでゲート外は1本のみ。試乗板の性能を知る為にあちこちの状況で滑った。
結論を書くと、来期の板はこれが第一候補として落ち着きました。これで一安心です。いつまでcoomba乗ってるんだ!とか言われなくて済みます。

P1000488

white dot preacher carbonlite
長さはこれじゃなくて189cmにする予定。値段は定価ベースでノーマル+サンマンエンとの事で、ジュウマンエンオーバーはcoombaよりも高いですね(滝汗)。

今日のラストは初5壁。K2運休のままで2壁や5壁が遠くなってしまってるけど、脚の出来具合を確認するのには必要なコース。そして本日の一番は1壁脇の2人分しかないラインが極上デザートだった。終わり良ければ総て良し。

| | コメント (0)

2015年1月 2日 (金)

滑走6日目の金曜日

P1000485
20~30cm位の積雪。視界が効いたのでセンター4直下のいつものラインを縦に落ちてみた。安定感はありスピードを乗せやすい。いきなりトップスピードを出せるだけの性能を持っている。センター100mm位の板だと底付きがあったらしいが、この板は浮いていられた。
中回りはサイドカットの深さで楽にターンできた。
小回りではトップを交差する事2回。回りやすい板を更に回し込もうとしての事だと思われ技術的側面で解決できるだろう。
ボコボコ中斜面での大回りではトップの変な形状のせいだろう、左右の軌跡が揃わない事があった。乗り位置を調整してみてやや後ろ目で踏んでいると安定した。それ以外での踏み位置は土踏まず付近だが、余り深く考えなくてもいいと思う。
6壁脇や温泉沢脇の急斜幅狭では浮いているのでパウダーでの切り返しは楽ちんだった。

気になるのは重さ。ボコボコ斜面大回りの安定性に寄与しないのであれば重さは悪になる(coombaはこれが得意だったので重さを受け入れた)。なので明日は同型カーボンライトを試す事にした。問題は板の返りのスピードだが、本命はこちらになるだろう。

※この板は朝一のスーパーコースでファーストトラックを狙えるかもしれない、と思わせてくれた。

| | コメント (0)

2014年11月 3日 (月)

ポールとザック

この冬の入れ替えはスキーでもブーツでもルーフボックスでもなく、ポールとザックだった。

伸縮ポールは回転固定式とクリップジョー式があり、軽量化の為に回転式を使っていたが、経年のせいか調子が安定しなくなってきたので入れ替え。

P1000432LIFE-LINK(右)からBlack Diamond(左)へ。

P1000433案の定、クリップパーツの分で重量は50g増した。たかが50gされど50g。
LEKIから軽量なクリップ式伸縮ポールが出ているが、値段が…プラスいちまんえん。ちと手が出せない。

P1000434パウダーバスケットの形状も変わった。どちらも外径100mmタイプ。

P1000431書いていて気が付いたが、ワシのドイツブランド志向はザックから始まっていたのか…w
ザックは緑から赤へ。実はこれ、年式違いの同モデル。ウェストポケット裏地のラミネートが早々に劣化し白い粉みたいなのがポケット内を汚していたので僅か3シーズン使用での入れ替え。形状はワシの背中にフィットしているので他メーカー他モデルは(一応一通り背負ってみたが)選択外。サイドのスキーループ(下)がマイナーチェンジされている以外の変更は見当たらない。風袋が重いのでお勧めできないが、カチッとしたザックが好みの人だと気に入るかも知れない。裏地が改良されているのを昨シーズンモデルで確認済み。
緑はウェストベルトを外して軽量化し通勤用におろした。

今期入れ替えはこれで終了。来期はいよいよ大物入れ替えか?

| | コメント (0)

2014年2月16日 (日)

滑走19,20日目の土日

一泊でニセコへ。
昨日はK2主催の試乗会があって4セット試乗してみた。センター4を7本グルグルして結構疲れた。
温泉はグランドホテルに行ってみたら機械トラブルとかで日帰り入浴NG、なので幽泉閣へ。買い出ししてメッツァでキムチ鍋。眠くて起きてられなくて21時には布団へ。
期待してなかった今日は南向きの面にだけ薄皮がウィンドパックされて張り付いた状況。いつもの朝一組は見掛けずスーパーコースは残り物だらけ。気を抜いたら板を取られてひっくり返るパターンを、柔らかいトコロを探して当てて滑って、面白く4本滑って終了。風があってK3が動いてないのでリフト待ちが長蛇になるタイミングだった。

試乗会。
パウダーロッカーが主流となるのは構わないが、キャンバー板も少しは残してくれないとワシらのような滑り方をするスキーヤーは選択肢が無くて困ってしまうよ。昨日や今日はキャンバーのある板じゃないと苦行なだけ。いつもどこでもパウダーな訳じゃないんだからさ。
つ訳で2007年12月に買ったcoombaを手放せず使い続けるワタシ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧